たるみとシワを防ぐコラーゲン!

ファンケルが出している無添加スキンケアとは、お肌のケアにこだわる女性に大人気なファンケルのスキンケアシリーズです。

無添加化粧品では、非常に有名なブランドです。

こんなに大勢の方に幅広く長期間愛され使われ続けているということは、それだけ商品が高品質で、愛用者から、常に高い評価を受けているということです。

そんなファンケルは、スキンケア化粧品だけでなく、美肌に効果的なサプリメントも数多く揃えています。

美肌を保つには、栄養バランスが整った食事は絶対的に必要です。

しかし、実際は、忙しい生活の中、なかなか規則正しい食事を摂ることができず、栄養バランスも偏りがちになるという女性は少なくありません。

このように、毎日が忙しくて、栄養バランスの良い食事が摂れないという女性には、サプリメントがとても便利です。

また、サプリメントで美容成分を補っている女性も大勢いらっしゃいます。

例えば、コラーゲンドリンクは、現在、とても人気のある商品となっており、ファンケルを始め、富士フィルム化粧品からも販売されています。

“富士フィルム”と聞くと、写真のフィルムのメーカーが? と、思われるかもしれませんが、実は、写真に使われていたフィルムの50%はコラーゲンでできているそうです。

そんなことで、富士フィルムは、コラーゲンの専門家なのです。

ところで、コラーゲンとは、どんな成分なのか? ご存知でしょうか。

コラーゲンは、人の体の中で肌のほかに、骨、筋肉、内臓、関節、目など、いたるところに存在しているタンパク質の一種です。

そして、美肌に深く関係するコラーゲンは、肌の中の真皮という部分にあり、ゴムのような弾力性を持っているため、肌のハリや弾力を保つ働きをしています。

しかし、このコラーゲンは、30歳代後半くらいから年を重ねるとともに加齢の影響で、どんどん減少し、さらに、紫外線やストレスによって劣化してしまいます。

すると、顔の肌の弾力性が失われて、たるみやシワとしてあらわれます。

こうして不足しがちなコラーゲンを補うために、コラーゲンドリンクなどが人気となっているわけですが、ドリンクは、「不味くて飲めない・・・」という女性もいらっしゃいます。

そんな方は、すっぽん小町などのタブレットタイプのサプリメントがオススメです。

また、スキンケア化粧品などにも、コラーゲンがよく配合されていますが、その場合は、セラミドなどと同じように保湿効果のためのものです。

このようにコラーゲン不足は、肌のたるみやシワをつくり、老けた印象を与えてしまうので、十分に摂取する必要がありますが、サプリメントだけに頼らず、コラーゲンを豊富に含む、うなぎ、鳥などの食材も積極的に食べるようにしましょう。

そして、タンパク質やビタミンCを同時に摂取することも大切です。

また、顔のたるみは、表情筋の衰えからもあらわれます。

日頃から、顔の筋肉をよく動かすエクササイズを取り入れるなどして、表情筋が衰えないようにすることが大切です。

 

 

美肌を維持するスキンケアは・・・

食事と美しさは密接に関係していますので、バランスの良い栄養をしっかりと体内に取り入れることで、美肌をキープすることが実現できます。

シイタケやイモ類、ゴマのような野菜、豆類、海藻や魚のような魚介類、ヨーグルトなどの乳製品、玄米や野菜のうち色がくっきりしているナス、トマト、タンパク質などをバランス良く摂取することでアンチエイジングにも効果的になります。

また、食事と同時に、毎日、十分な睡眠を摂ることも必要です。

皮膚が代謝することと言えるいわゆるターンオーバーというのは、深夜の睡眠のゴールデンタイムで盛んに行われます。

眠っている間が、理想的な美肌に必要な時間と考えるべきです。

しかし、なかなか思うようにスキンケアが行えないという方が多く、「以前、美白重視のスキンケア化粧品を使っておりましたが、肌に一致しなくなり、保湿とアンチエイジングに、力点を置いた化粧品へチェンジしました」という女性がいらっしゃいました。

水分を保つ力が低下すると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、この選択は有効かもしれません。

このように、美肌の秘密をはっきりというと、肌の水分をどれくらい保つかという部分につきます。

水分量が豊富ならば最高の肌触りのしっかりとしたハリをもち、プルンプルンの潤った肌になります。

では、保水力をもっと高めるには、どのような美肌のケアをしていけば良いのでしょうか?

保水能力向上にオススメのスキンケア方法は、血行を正常にする、セラミドやヒアルロン酸などの肌に良い美容成分をたくさん含んだ化粧品を取り入れる、正しい洗顔法を学ぶという3点です。

血行を良くするには、ウォーキングやジョギングなどの運動をすることが有効です。

空き時間があるときは、積極的に外に出て運動するように心掛けましょう。

また、外で運動することで、ストレスの解消にもなり、ストレスの影響による弊害を防ぐことができます。

次に、セラミドやヒアルロン酸などの美容成分を含む化粧品ですが、もともとセラミドは、人の肌の表皮という部分で、水分の蒸発を防ぐという働きをし、また、外部からの刺激や異物が侵入しないようにブロックするバリヤ機能を形成しています。

一方のヒアルロン酸は、表皮の下に位置する真皮と言う部分に存在するゼリー状の物質で、水分を蓄える働きがあります。

その他にも、保湿に有効な成分は、コラーゲン、エラスチンなどがあり、多くの化粧品に使われています。

最後に、洗顔法ですが、まずは、洗顔し過ぎに注意しましょう。

洗い過ぎは、肌の乾燥を招くことになりますので、洗顔は、朝と夜の2回で十分です。

最初に、ぬるま湯で顔を濡らし、洗顔料をよく泡立てて、泡で汚れを落とすように優しく丁寧に洗いましょう。

決してゴシゴシと力強く擦らないように注意して下さい。

そして、最後は、生え際やあごなどに泡が残らないようにすすいで下さい。

こうしたスキンケアの基本となる3点を身につけることが、美肌維持につながります。